BIOGRAPHY

箏奏者/作曲家/音楽NFTクリエイター
母親の影響で箏を始める。箏を小嶋夏子に、ピアノを加藤福代氏に、作曲を船橋識圭氏、和声・オーケストレーションをino氏に師事。箏奏者として、日本だけでなくアメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、ノルウェーなど、海外のレコーディングにも多数参加し、受賞歴のある作曲家を含む多くのクライアントを海外に持つ。2018年にはNYオフブロードウェイTheatre Rowにて箏を演奏。箏の他、幼少よりピアノ、中学生でドラムを始めるなどクラシック、ロック、メタルなど様々なジャンルの音楽をプレイ。ドラマー兼コンポーザーとしてヴィジュアル系バンドやメタルバンドに参加。作曲家としては和楽器を使った和風楽曲を得意とし、国内だけでなく海外へも楽曲を提供。2022 ペトリコール国際音楽コンペティション Arrangements部門 ではセミファイナリストに選出。2022年に和楽器NFTプロジェクトCryptoWagakkiを設立。NFTやメタバースなど最新のテクノロジーを伝統領域に活用する活動は書籍等でも紹介され、注目を浴びる。

【メディア掲載・出演】
週刊NY生活, NY生活ウーマン, KOKORO (Finnish Japanese Society Official Magazine), Schoo「和の音楽史に学ぶイノベーションのヒント」(講師出演), クリエイターのためのNFT参入マニュアル(三才ブックス)など

Music

PAGE TOP